まずはメルカリ

50も半ばに差し掛かったところで、世間で言うところの断捨離をやってみたくなり、同じやるならお金になった方がいいよなあ~と、この春からメルカリを始めることにしました。

まずはアプリを取り込んで、とにかく出品!写真を撮ればいいのかあ~。値段っていくらにすればいいのかなあ~。売れたらどうしたらいいのかなあ~。???で始めたメルカリですが、今どきのアプリは本当に良くできていますね。なんとなくで出品出来てしまいました。

最初の出品は子供が置いていったニンテンドーゲームソフト「ポケットモンスター ソード」です。実は私もこの年にしてまだゲームが大好きなもんで、一応こちら全クリしたこともあり、もう要らないよなあと出品してみることにしました

なんと出品すること数分で売れてしまいました。「なんじゃ、これ!面白いじゃん!」すっかり私はメルカリにはまってしまいました。そのあと取引メッセージを送ったり、実際に包装したり、初めてコンビニに持ち込んだり、わからないことばかりでしたが、今やネット社会。なんとかなるもんです。次の日に無事発送も終わりました。ちなみに私の参考にしたこの本はとても役に立ちました。夫が買ってくれたものですが、今でもわからない発送の仕方とかはこちらの本を利用しています。

一度味をしめたら怖いもので、家にあった古本をまずは全部売ってみることに!気が付くと200冊ぐらいの本を出品しています。なんせ昔から本が好きなので古本がたくさんあること、本は包装、発送が簡単なこと、洋服みたいにサイズを表記したりする必要がないこと、そんな理由で本を売る楽しみにどっぷりとはまってしまったのです。元は自分が買ったものですからどうしたって、黒字になることはありませんが、それでもただ捨てるよりは断然お得ということで、せっせと売りさばいています。

特に面白いのは「これ売れないよなあ~古いし、書き込みもあるし。」という本も正直にその辺を記載して書くと売れるんですね。今までで一番面白かっのは、本ではないのですが「壊れたミシン」が売れたことです。どうも買ってくれた方は、ミシンの分解をしてその仕組みを勉強したかったようで、なんだかいろんなことで不要品が役に立つこのシステムにほれ込んでしまいました。

さて、私が古物商を目指そうと思ったのは、まずはこのメルカリ売買の面白さにはまったことも一因でしょうね。しかし私のメルカリ経由の断捨離も売るものがなくなったら終わってしまいますので、古物商の承認がおりたら、自分のものだけでなく中古品を仕入れて売買できると思うと今からワクワクします。(ちなみに自分のものや新品の不要物を売るには、古物商の資格はいりません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です