amazon で初評価

Amazonマーケットプレイスで出品をすることにもだいぶ慣れて来ました。出品数も80冊以上になり、売れた数も約30冊。中々頑張っています。(誰もほめてくれないので、自分で自分をほめてみました)

それでもまだFBAを利用するには、勉強不足もあって抵抗感がありまして、売れたものは自己発送しています。Amazonではお互いの取引コメントが一切ないので、メルカリと比べて気楽といえば気楽なんですが、相手の名前や住所を見ながら「うわあ~北海道の人なんだ。」とか「喜んでくれるかなあ~。」とか勝手にあれこれ想像して梱包するのも楽しみの一つ。たいてい日本郵便のクリックポストを利用するのですが、ポストに投函するのもなんだか大切な人に物を送る感じが、ポスティングの度に嬉しさ倍増するので、もうしばらくは自己発送の方法で行こうかなと思っています。

さて、今日のテーマはAmazonの評価。これって中々もらえないんですよね。またメルカリを引き合いに出しますが、メルカリはお互いを評価することは義務として位置づけられていますが、Amazonにはそれはありません。ただ購入した側が気が向いたら、評価してくれるシステム。当然私も購入者の時は、「評価なんかしてなかったなあ~。」と今更ながら反省しています。評価がないとAmazonで【カドタ書店 新規出品者】と載るだけで、ほかの人のように 、【98%の高い評価(○○件)】って出てるのがとても羨ましくて。だって同レベルのものを売るのに、値段も同じとなると誰だって新規出品者より評価の高い人を選びますよね。そうなると本当不利なんで、なんとか誰かから評価をもらえないかと、日々願っていました。なんとか評価をもらいたいがために、お礼状の中の一文に「評価をお願いします」と載せてはみたものの、中々そのお礼状の中身まで読む人もいないんでしょうね。

しかし、ついにその日がやってきました。それは忘れもしない一冊の古本。決してきれいとは言えない状態の古文の参考書でしたが、その方から評価★★★★★!ご丁寧な評価を頂けたのです。【迅速丁寧な対応ありがとうございました。また機会がございましたらよろしくお願いします。】もう嬉しいたらなんのって。こちらこそありがとうございましたと再度見えない相手に向かって頭を下げました。大体30冊を超えたあたりから評価をポツポツもらえる程度と、言われていたので本当にその通りでした。何はともあれ、これでやっと私も新規出品者から卒業です!今後ももっと良い評価をもらえるよう頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です